閉じる
  1. 和不動産で不動産投資をするメリットをご紹介|アフターフォローが評判の和…
閉じる
閉じる
  1. 夏季休業のお知らせ【8/12(木)~8/16(月)】
  2. 【業務部】★石井さん社員インタビュー★
  3. 【カスタマーコンサルティング事業部】★森さん社員インタビュー★
  4. おめでとうございます!!☆
  5. 書籍をご紹介!不動産投資を始める方へ【和不動産代表・仲宗根】
  6. ハッピーバースデー!★
  7. エナジーhappy★birthday!
  8. GW休業のお知らせ【5/2(日)~5/6(木)】
  9. 【業務部】★小松さん社員インタビュー★
  10. 【賃貸管理部】★尾澤さん社員インタビュー★
閉じる

和不動産◇人事ブログ | 評判・口コミをご紹介!

書籍をご紹介!不動産投資を始める方へ【和不動産代表・仲宗根】

今回は和不動産の代表を務める、仲宗根の著書5冊をご紹介いたします。
いずれの書籍も大手書店ビジネス書籍ランキングでトップを記録!
不動産投資家の皆様の指針にして頂きたい内容ですので、ぜひ最後までご覧下さいませ。

①不動産投資“購入後”の教科書

不動産投資は一つの事業!購入後は手間暇かけて物件価値を育てましょう!

●本書で学べる事

・不動産投資に必要な目標設定
・設定した目標をクリアし、成功する人達の8つの共通点
・実際に身に付けたい成功のための5つのスキル

不動産投資で成功するために必要なことは何でしょうか?
それは投資目標を持つことです。お金持ちには決まった目標の立て方があります。それは大きな資産を持ち安全な投資を行うことで、多額の運用益をもたらすことです。全て自己資金で賄えるわけでない人が大多数ですが、その場合こういった投資はできないのでしょうか?
そうではありません。
不動産投資であれば、与信を活用してローンを組むことで、いわば他人のお金を使って同じような運用が出来るのです。そのためローンの活用方法を知っていれば不動産投資において有利に働きます。

では様々な金融商品がある中で、不動産投資のどのような点に注目すれば成功する事ができるのでしょうか?
代表書籍第一弾の本書では、成功者に共通する8つのポイントをあげています。

成功するための8つのポイントとは?

1.お金の流れを把握している

不動産投資も一般の会社と同様、事業として考えて帳簿をつけて管理しましょう。必要な帳簿は2種類あります。資産全体の帳簿と一部屋ごとの資産を管理するための帳簿です。全体と個別、両方の把握が戦略策定には肝要です。

2.購入後にキャッシュフローを増やす

繰り上げ返済など、キャッシュフローを増やす行動を積み重ねましょう。

3.銀行の融資枠を広げることを考える

繰り上げ返済をすることは融資枠拡大・新たな物件購入拡大にも繋がります。
物件を追加で購入できれば、投資効果はさらに増大します。

4.物件購入以外に資金の効率的な使い方を考える

成功するオーナーさんは家賃を上げるために内装を検討します。部屋に付加価値をつけてより高い賃料を得ることができるからです。

5.家賃を上げる努力をする

家賃をあげるにはリフォーム・広告出稿などが手として考えられます。
その他、そもそも良い立地の物件を購入することも家賃を上げやすい環境を作るには重要です。

6.未来の情報を収集すること

不動産投資の要となるのか情報の量と質。そのため積極的な情報収集を心がけましょう。

7.売却シミュレーションを行い戦略的に売却を行う

タイミングを見計らい市場のトレンドに応じて最適な価格で売却することが可能になります。

8.前所有者の売却理由を明らかにする

所有者の運用能力がなかったため売却したのか、それとも利益が確定できたため売却したのか判断する必要があります。
以上が実際に不動産投資で成功する人の共通点とも言えます。
ではそれらを実行するのに必要なスキルとはなんでしょう?本書では5つ紹介しています。

成功するために必要な5つのスキルとは?

1.貯金力

多くの人は老後の資産について悩んでいます。そのため目標の年齢までに、必要となる老後の資金を貯める必要があります。

2.会計力

不動産投資を数字で判断することが必要です。そのために必要な力が4つあり、「銀行から融資を引く力」「自分の資産を理解する力」「自分の所有物件がどれだけ利益を生んでいるか理解する力」「数字から改善点を見つける力」になります。

3.投資判断力

物件購入、繰り上げ返済、リフォーム、売却・・・ 適切なタイミングで適切なお金の使い方をすることで利益をより多くすることができます。

4.予測力

今後の動向予測できる力が必要になります。この力が必要になるタイミングは大きく3つあり、購入時、入居者の退去し、物件を売却する時です。

5.行動力

まずはお金持ちの真似をすることです。そのために大切な事は成功するような環境に身をおくことです。
不動産投資は事業経営に近いものです。綿密な管理とそれに基づいた正しい行動。これらを増やすことで成功する確率はどんどん高くなっていきます。
本書はその”教科書”として、不動産投資家の皆様の行動規範書として、必携の一冊です!

 

②不動産投資の裏側を見抜き、堅実に稼ぐ方法

不動産投資を検討している人に送る、安定収入の解説書!

●本書で学べる事

・不動産投資は堅実な収入を得られる
・なぜ都心立地なのか!?購入のポイント
・購入してからが本番。運用の基本

2冊目にご紹介する書籍は、これからワンルームマンション経営を始めようか検討している方に、安定的な収益を得る低リスクで失敗しにくい手法を解説しています。多くの人が再現できる方法であることが重要な点です。

目標から逆算した投資計画を!

投資で失敗してしまう人は、目的を明確化していないことにあります。多くの人が短期収益、現実やリスクを無視して一時的な収益ばかりに注目してしまうのはそのためです。
例えば多くの人が目的としている老後の資産形成のためであれば、年金の他に月10~20万円必要になります。この額であれば、住宅ローンの活用で自己資金を最小限に抑えて、再現性のある投資を行う事で、リスクを抑えた投資をすることで十分達成できます。
その点、都心の築浅中古ワンルームマンション投資がフィットするのです。

中古ワンルームマンションのメリット

では都心の中古ワンルームマンションのメリットとはなんでしょうか?
メリットの1つに、今後の資産価値上昇が見込める点が挙げられます。
都心の再開発やワンルームマンション規制、訪日外国人のホテル利用などにより、価値が上昇するだろうと考えています。

しかし以上の条件が揃えばどこでもよいというわけではなく、価格が上がりそうなエリアで購入する必要があります。エリアを選ぶためのポイントは、「駅から徒歩3分以内」「都心立地」「ハイスペックマンション」の3つ。

これらのポイントをふまえて物件の購入をすることで、堅実に稼ぐことができます。
しかし物件を購入して終わりではありません。購入後どのように運用していくかが必要になります。そこで必要な事が再投資です。では、再投資のポイントは何でしょうか。

収益を上げるための再投資

再投資の具体的な方法は大きく3つあり、「物件の追加購入」「繰り上げ返済」「リフォーム・リノベーション」になります。
これらにより、収益が上がるのはもちろんですが、注目すべき点としてリスクが軽減されることが挙げられます。

再投資のコツとして家賃収入を長期的に安定確保できる物件を購入することが挙げられます。成功しているオーナーは投資初期の段階から修繕費の発生やローン支払い額の変化を想定して対策を考えます。

その際安定した収益を生む物件を買っておく事は非常に大切なポイントになります。修繕の発生やローン金利の変化などの変化に加えて収益まで予測がつかないようでは安定した投資からは程遠くなってしまいます。

不動産投資ではローンを活用して物件を購入しますが、これによりレバレッジを効かせた投資が可能となります。レバレッジを効かせるとは他人資本を活用して自己資本の利益率を高める事ですが、ここに更に再投資を行い利益を加速させる事が出来ます。再投資とは投資からの利益をさらに投資に投下する事です。再投資には利益に対する利益である「複利」が乗りますので投資効果がさらに加速するのです。

これらから不動産投資は物件の選び方ではなく、運用の仕方で決まるということが理解できたのではないでしょうか。自分に合ったプランを作り、ぜひ実行してみてください。

 

③「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で!

相続税対策にも効果を発揮するワンルームマンション投資!

当社代表執筆3冊目となる本書では、老後資金形成に限らず相続税対策としても効果を発揮するワンルームマンション投資のメリットを分かりやすく解説しています。

●本書で学べる事

・相続税対策をするべき人が拡大。なにをするべきなのか
・相続税対策になぜ都心の築浅中古ワンルームマンションが有効なのか
・マンション投資による、より効率的な相続税対策

平成27年の相続税改正で基礎控除5000万円が3000万円に下がったことで、相続税の課税対象となる人が増えています。そのことで、以前よりも相続税対策として不動産投資が注目されています。

インフレなどの物価変動によって物件の資産価値が上がると相続財産総額も増えて相続税支払い対象者も増えると予測することができます。そのため、相続税対策は富裕層だけでなく、一般家庭でも無視できないものになりました。

理想の相続税対策は、相続財産の価値や形をなるべく変えずに相続人に継承する事にあります。そのために資産の評価額を下げて継承し、その後物件の売却や収益性を確保することで、財産価値を継承前の状態に戻す事によってこれを実現するのです。

不動産を持つにしてもどんなものがいいのか?本書では都心の築浅中古ワンルームマンションをおすすめすると共に、その理由(メリット)も解説しています。

・評価額を下げるだけではなく収益性も狙える。
・2500万円以下なら贈与税がかからないので、遺族に部屋をそのまま贈与できる。
・投資計画に合わせて売却など、流動性に富んだ運用ができる。
・暦年贈与の活用で、一部の枠の中で贈与分が相続の課税対象外になる。

本書では、生前贈与を活用した、効率的な相続についても解説しています。

最も大事なのは、相続だけではなく将来の収益性や売却まで見通した上で、どのエリアにどのような種類の物件を購入するかを周到に計画したうえでワンルームマンション投資を始めることです。

 

相続後も運用を続けるのなら、受けとった人が資産をうまく活用出来ることが大切です。そのため相続で残された人達が争わないように、どのような目的、手段で取り組んでいるのかをきちんと把握しましょう。そのために、きちんと対策するべく専門家に相談してみてはいかかでしょうか?

当社はアフターフォローNo.1宣言を掲げ、コンサルティング・サポート活動を強みにしています。不動産投資のプロである担当者に皆さんの資産の状態についてお話・質問をお聞かせ頂ければ、過去のオーナー様の実績・データを基にしたアドバイスをさせて頂きます。

▼無料個別相談への申し込みはこちらからどうぞ!▼

④老後破産を防ぐ「都心・中古ワンルームマンション経営」

老後破産を防ぐ「都心・中古ワンルームマンション経営」

●本書で学べる事

・老後破産に陥る原因を解説。自分の現状と照らし合わせて状況を把握
・老後破産の回避に有効なワンルームマンション経営、そのメリット
・物件購入後の運用方法で押さえるべきポイント

第4弾の本書は、人生の中でも長い期間となる老後での破産を防ぐために、不透明な将来に左右されず、だれでも再現可能な投資のやり方を示した資産運用本です。
そのために必要なことは「地道にコツコツ」。リスクを最小限に抑えた資産運用を行うためにはコツコツと努力を続ける必要があります。老後の資産を築くために最適な投資が都心築浅中古ワンルームマンションであると提案しています。

老後に、お金のことで苦しまないように、今のうちからお金のことを真剣に考えましょう。

老後破産に陥る原因とは?

皆様はご自身の老後破産の危険性を考えたことがありますか?
今後老後破産は増加するであろうと考えられ、年収が1000万円あっても年金だけでの生活では厳しく、老後破産になる可能性があります。老後破産になってしまう原因は、老後の不安を解消する術をイメージできていないため、現役時代と比べて収入と支出のバランスが崩れるからになります。
バランスが崩れる原因は3つあり、「収入が著しくない」「貯金がない」「頼れるひとがいない」ことが挙げられます。

老後破産を回避する方法は?

老後破産を回避する方法、それはズバリ、年金とは別に月10万~20万円の収入を得ることです。
しかしそれを預貯金だけに頼ると、そもそも貯金は有限なので取り崩すとなくなってしまったり、経済状況の変化や物価変動により損をしたりすることもあるため、どのような状況になっても対応できる資産運用でバランスをとることが必要です。

そこで本書では低リスクで老後資金を得るために都心の築浅中古ワンルームマンションをおすすめしています。

都心の築浅中古ワンルームマンションをおすすめする理由(ポイント)

都心の築浅中古ワンルームマンションをおすすめする理由は3つあります。以下を理解することでより効率的なマンション経営を進めることができます。

1.都心のワンルームマンションの価値が上がりやすい

都心各地で進む再開発により都心の価値が上がる事が考えられています。またワンルームマンション規制により供給が制限されていることから、希少性が保たれ価値が上がるのです。

2.不動産投資の3大リスクを回避しやすい

不動産投資の3大リスク、それは「空室」「家賃下落」「運営コスト」です。が、都心部は多少家賃が高くても居住者のニーズが高く「空室」になりにくいです。それゆえにリフォームなどでつけた付加価値が「家賃下落」を遠ざけることもできます。
さらに中古マンションであれば修繕積立金や管理費などあらかじめ支出が管理しやすく、設備の修理や故障の際にかかる経費も事前に精査しておく事で対応策を練ることが出来ます。

3.イールドギャップを活かしてレバレッジ効果を活用できる

「イールドギャップ」とは借入金の金利と投資物件の利回りの差を指します。低金利の今、借入金利子は非常に低いため、手堅いイールドギャップを取る事が出来ます。
「レバレッジ効果」は運用額を大きくすることで運用益も大きくする「てこの原理」を意味し、自己資本に加えて借り入れ(ローン)を活用することで、自己資本だけではできない投資行動ができるのです。

以上は主に物件購入前に抑えるべきポイントです。しかしマンション投資は購入後の運用・管理も、収益性を高めるためには同様に非常に大事です。

購入後にすべきことは?

サラリーマンの方は仕事が忙しく、不動産投資に時間を割けない人も多いです。そのため手間を極力減らしながら収益を得る仕組みを作る必要があります。

その仕組み作りが、収益の再投資です。具体的には次の物件購入時の頭金やリフォーム・リノベーション、繰り上げ返済などに使う事でその後の投資利益を増やす事を意味します。

老後破産を回避する上で有効なマンション投資ですが、まずはいくら必要なのか目標を立てる必要があります。物件を購入する前に今一度、予算と目標をしっかり確認して、トータルプランをしっかり検証してから、マンション経営をスタートする事が大切です。

⑤不動産投資初心者におくる46のメッセージ

当社代表執筆最新刊!「育てる不動産投資」のための46の提言で、投資を網羅的に学べる!

投資というとハイリスクハイリターンが注目されがちですが、不動産投資はじっくりと育てるものです。低リスクで物件を購入し、長期の適切な運用をすることで収益は高められるのです。

代表執筆書籍最新刊の本書は、不動産投資初心者に知っておいてほしいメッセージを頭文字五十音順に46篇ご紹介。各メッセージ完結型で読みやすく、お客様にも人気の一冊です!
さらに46のメッセージはそれぞれ、「①投資に対する考え方や、収益を向上させるための運用方法」「②収益を上げるための賃貸管理や、入居者から選ばれる部屋の特徴」「③家賃を確保しやすい物件・立地の特徴」のいずれかに分類されており、分類ごとにまとめて学習することも可能です。

メッセージ例
「あ」 明日へと 東京かえる 再開発
「い」 インカムが 老後の不安を 解決へ
「う」 売れないと 不動産投資は やめられない
「え」 沿線を 選べば空室 怖くない
「お」 お金持ち お金の殖え方 知っている
「か」 買う物件2極化ではなく5極化で
「き」 規制あり 都心ワンルーム 価値あげる
「く」 空室は 構造により 変わるもの
「け」 減少の 人口立地で 回避する
「こ」 ゴミ置き場 入居者確保の ポイントに
など

テーマごとのポイント

①投資に対する考え方や収益を向上させるための運用方法

不動産投資は仕組みさえ知れば、誰でも収益をアップさせられるのです。
収益アップの施策の1つが、リフォームや繰り上げ返済・物件の追加購入など、再投資をして家賃収入を上げることです。家賃収入アップも最初は小さな動きにとどまりますが、何回もコツコツ続けていくことで、収益性が複利的に向上していきます。

さらに、収益のアップだけでなく、節税についても考える必要があります。再投資に使うことも経費として計上されるため節税対策の1つですが、管理会社の設立も節税効果をさらに高めます。

②収益を上げるための賃貸管理や入居者から選ばれる部屋の特徴

中古ワンルームマンションは新築ワンルームマンションに比べて利回りは低いですが、運用をきちんと行うことで収益性を高められます。
不動産投資の最大の敵は空室です。入居者から選ばれる部屋にすることが、空室リスクを回避し、安定した収益確保に直結します。

中古と聞くと入居者に求められるのか不安に感じる方もいると思いますが、
便利な立地と充実した設備の物件(防音性やセキュリティなど、生活する上でストレスなく快適に過ごせる物件)できちんとした運用が続けられていれば、安定した収入を確保できます。

さらに、中古ワンルームマンションは新築より安く購入する事ができ、賃料の下落率が低いため、運用次第で新築より大きな収益を出すことができるのです。

サラリーマンは平日忙しく、不動産投資に時間をさけないでしょう。そこで賃貸管理会社に管理を依頼することで、手間をかけずに運用することができます。賃貸管理は会社ごとにサービスの内容をよく見ましょう。相場より低くてもサービスを受けるまでに時間がかかったり、求めているサービスがない場合もあり、結果的に費用がかかってしまうこともあるのでそこが注意点となります。

しかし、賃貸管理をどの会社に依頼すればいいのか分からない、どの賃貸管理会社も同じじゃないの? とお悩みの方へ向けて無料で個別相談を行っています。
あなたのお悩みを解決して、よりよい不動産投資を行うためのアドバイスをさせていただきます。

▼無料個別相談への申し込みはこちらからどうぞ!▼

 

③家賃を確保しやすい物件や立地の特徴

不動産投資において大切なことは、家賃を確保できる物件を所有すること。そこで必要なことは立地選びです。サラリーマンを入居者に選ぶなら、通勤利便性に注目しましょう。

千代田区・港区・中央区の都心3区に、日本の政治・経済の機能が集中しており、ここから30分程度で通える立地がおすすめです。特に家から駅への距離が短い・最寄り駅が複数路線利用可能などの通勤しやすさは入居者へのアピールポイントとなります。

おわりに

今回は和不動産代表、仲宗根の著書を5冊ご紹介しました。これら5冊の書籍で不動産投資は誰でも再現可能であり、リスクを追わずとも安定した収益を出せる投資であることがわかりました。

和不動産ではこれら書籍で解説された内容などが、セミナー・無料個別相談・アフターフォロー・賃貸管理と、一気通貫でお客様にご提供できるノウハウとして蓄積されております。

ご興味のある方は、個別相談、または不動産投資セミナーにご参加下さいませ!
不動産投資セミナーでは、投資家としてのマインド形成から失敗しないための要諦、コロナ後を意識した物件の選び方など、バラエティに富んだ内容をお送りいたします。

個別相談もセミナーも、オンラインで対応可能!
都心・首都圏に限らず、遠方のお客様も自宅にいながらじっくりと不動産投資の検討をして頂けます。

さらに!セミナー・無料個別相談にご参加の皆様全員に、今回ご紹介した書籍からお好きな一冊をプレゼントいたします!
ぜひこの機会にご参加を検討くださいませ!

▼和不動産の不動産投資セミナー好評開催中!お申し込みはこちらから▼

 

和不動産公式LINEアカウントでは、不動産投資に関する様々なお役立ち情報を配信しています。
ぜひお友だち登録して、あなたの情報収集にお役立てください!

▼和不動産公式LINEアカウント▼

関連記事

  1. ハロウィンが近付いてきました!

  2. 和不動産で不動産投資をするメリットをご紹介|アフターフォローが評…

  3. 【賃貸管理部】大関さんへインタビュー|社員からの評判・口コミ!

  4. オーナー様から頂きました☄

  5. 和不動産の公式SNSをご紹介!

  6. おめでとうございます!!☆

おすすめ記事

  1. 和不動産で不動産投資をするメリットをご紹介|アフターフォローが評判の和不動産


老後破産・年金対策お役立ちサイト

和不動産公式サイトはコチラ

相続税対策・生前贈与特設サイトはコチラ

不動産投資コンサルシステムN-RICOSサイト

engage

マイベストジョブ

和不動産youtubeチャンネルはコチラ

ページ上部へ戻る